TRPGルールブックを売るなら?宅配買取サービス4社を比較。 | 古本買取のVaboo!
TRPGルールブックを売るなら?宅配買取サービス4社を比較。

中古のTRPGルールブックを売るならどこに売る? 宅配買取を利用したほうがいい理由と買取サービス4社を紹介!
それぞれの特徴を比較して自分にあったサービスを見つけましょう。

こんにちは。Vaboo編集部の青木です。

自分は趣味でTRPGをしているのですが、対面での会話ゲームということでコロナ禍では仲間たちと集まりづらくなってしまいました。

TRPGルールブックは遊ぶための本なので、そのまま眠らせておくより誰かの手に渡って遊ばれる方がルールブックにとってもいいのかも…。

今回はそんなTRPGルールブックを高く売れる可能性のある中古の宅配買取サービスを調べてみました。

サービスごとに異なる特色があったので、ルルブを売るなら自分の売りたいアイテムに合わせて適した宅配買取サービスを選ぶ助力になれば嬉しいです。

TRPGルールブックを古本として売る

今回の記事では「TRPGルールブックを宅配買取サービスで売る」というテーマで、TRPGの宅配買取サービスを紹介します。

この記事で選んだ買取サービスは4つ。

  • Vaboo
  • イエローサブマリン
  • 駿河屋
  • たいむましん

それぞれに強い特徴があるサービス4つを比較しているので、自分の売りたいものに合わせてどのサービスを使うか検討してみてください。

TRPGに価値をつけられる宅配買取サービスを選ぶ

TRPG関連書籍を売るときに、何も考えずに近所の古本屋に持ち込んだとしても「よくわからない本」だと思われて、価値を分かってもらえないとしたら査定額はどうなるでしょう?

査定額がすごく安くなってしまったり、場合によっては買い取ってもらえないこともあると思いませんか?

古書店も慈善事業ではなく商売である以上、売れる見込みのない本に高い買取価格はつけられません。

さて、本来の価値より低く査定されるのは売れる見込みがないから…ということは!

裏を返せば「売れる見込みのある店ならば正しい価値で査定してくれる」ということになります。

つまり中古のTRPGルールブックを販売をしているショップが行なっている宅配買取サービスを選ぶのがオススメです!

TRPGルールブックを売る販売ルートを持っているショップの宅配買取サービスならTRPG関連書籍を売れる見込みのある本として見る事ができるため高く査定してもらえる可能性が上がりそうです。

Vaboo

フリマはめんどう、買取は安そう 送料有料の古本買取サービスVaboo

Vabooでは書籍を中心にCD・DVD・電子ゲームなどの買取りを行なっています。

Vabooはネット通販サイト「Amazon」への中古販売ルートを持っている古本屋です。

地方に住んでいるとTRPGを売っている本屋はそうそう見かけるものではなく、買う場合はAmazonで取り寄せているという方も少なくないと思います。

自分もAmazonでTRPGルールブックを購入することが多々ありました。

古本買取のVabooではAmazonで中古ルールブックを販売できるから、TRPG書籍を「売れる見込みのある本」として査定できるんです。

Vabooの特徴

・クトゥルフ神話TRPGなど海外産の人気シリーズが高額査定の傾向がある。

Vabooでは「クトゥルフ神話TRPG」系の書籍は高額査定がつきやすくなっています。

Vabooが査定基準を新たにした2021年以降、月間買取実績の上位にはクトゥルフ神話TRPGの関連書籍が複数上がっています。

他にも海外産の人気TRPG「パラノイア」なども高額査定になる傾向があるようです。

例えば記事執筆時点での買取額はこのようになっています。

TRPGテーブルロールプレイングゲーム買取

クトゥルフ神話TRPG[2014年版](買取金額 3,359円/ 定価の52%)

クトゥルフ2010(買取金額 1,874円/ 定価の44%)

パラノイアトラブルシューターズTRPG買取

パラノイア【トラブルシューターズ】(買取金額 2,989円/ 定価の45%)

*この記事は上記価格での買取を保証するものではありません。本の状態や時期などにより価格は変わります。

クトゥルフ神話TRPGやパラノイアといった大判の人気システムを手放すならVaboo古本買取がオススメです。

※いまならキャンペーン実施中です!

Vaboo(バブー)のお得なキャンペーンはこちら

一方で国産の文庫サイズのTRPGルールブックなどはVabooでは値段がつきにくい傾向があります。

例えばソードワールド2.5基本ルールブックはこんな感じになります。

ソードワールド2.5基本セット

基本ルールブックⅠ〜Ⅲ (買取金額合計 564円/ 定価の20%)

定価に対する買取価格ではクトゥルフ神話TRPGに比べると下がります。

それでも古本屋実店舗で3冊30円ぐらいの査定になるよりはかなりの高額査定と言えるのではないでしょうか。

Vabooの他の特徴も見ていきましょう。

・ルールブック以外のTRPG関連書籍も査定してもらえる。

Vabooはホビーショップではなく古本屋であるため、公式リプレイ本やGMマガジン・Role&RollなどのTRPG専門誌も査定対象になるため、ルールブックと一緒に売る事ができます。

・詰めて申し込んだら待つだけ!

宅配買取サービスのCMなどで「段ボールに詰めて送るだけ」という宣伝文句はよく聞きますが、

Vabooの場合は段ボールに詰めて申し込みをしたら、あとは家で待つだけ!

ご自宅まで宅配業者のトラックが段ボールを引き取りに伺います。

・一緒に他の本やゲームなどを売れる。

Vabooは書籍を中心にCD・DVD・ゲームを買い取っているので、それらも一緒に売ることもできるのがポイント。

特にVabooでは「専門書・参考書」などの買取を得意としています。

サークル・クラブ活動などでTRPGを遊んでいたけれど、学校を卒業して手放す事になった…といったケースでは学生時代の教科書や参考書もあるはず。

参考書を一緒に詰めて高価買取を狙える点がVabooの強みです。

・査定が早い。

古物の宅配買取サービスは査定完了までに1ヶ月近く待つことも。

荷物の到着後2〜4日で査定完了というスピード査定もVabooの売りのひとつです。

・カードやボードゲームの買取はしていない。

古本買取のVabooではCD・DVDなどと合わせてゲームソフトも買取っている一方で、カードゲームやボードゲームなどの書籍形式でないアナログゲームの買取は行なっていません。

非電源ゲームを売りたい場合はこの後で紹介する他の宅配買取サービスへ送ることをオススメします。

・インディーズ品の買取はしていない。

いわゆる「同人TRPG」と呼ばれるような個人・サークル制作のルールブックやサプリメントは書籍型であってもVabooでは買取の対象外となっています。

イエローサブマリン

イエサブの愛称で呼ばれるホビーショップ。

チェーン展開している有名店なので、自分も学生時代はTRPG書籍を買いに脚を運んだものです。

イエローサブマリンではTRPGルールブックの販売だけでなく、宅配買取も行なっています。

イエローサブマリンの特徴

・インディーズ品も買取対象。

同人作成のTRPGの販売代行などもしているショップだけあり、イエローサブマリンではインディーズのTRPGでも買取っています。

・ボードゲームも買取対象。

古本屋でなくホビーショップのため、本の形をしていないボードゲームなどの買取にも対応しています。非電源ゲームを売るならイエローサブマリンの郵送買取がオススメです。

・雑誌や文庫系リプレイは買取対象外。

古本屋であるVabooと異なり、イエサブはあくまで非電源ゲームの買取なのでGMマガジンやRole&RollのようなTRPG系専門雑誌・リプレイ文庫の買取は行なっていません。

>>>イエローサブマリンでの中古買取はこちら

駿河屋

駿河屋はインターネット通販に力を入れている大手店舗。

取り扱い商品ジャンルが多岐に渡る総合ホビーショップです。

駿河屋の特徴

・駿河屋の「あんしん買取」は、とにかく手が広い。

駿河屋あんしん買取ではTRPGルールブックだけでなくリプレイ文庫やTRPG専門誌を商業・同人問わず査定してくれます。

ボードゲームも同様に査定してもらえる上に、インディーズ商品にも対応してもらえるなど非常に幅広いアイテムを取扱えるのが駿河屋の圧倒的な魅力です。

・駿河屋の「あんしん買取」は手間と時間がかかる。

駿河屋の「あんしん買取」は買取手続きのためにすることが多く、時間を擁するので手間がかかりがち。

より簡易的な手続きで申し込みできる「かんたん買取」というサービスもあるので事前の準備が面倒な場合はそちらを利用するか、他のシンプルな買取サービスを検討したほうが、ご自身で作業する量が少なく済みそうです。

>>>駿河屋「あんしん買取」の申し込みはこちら

たいむましん

たいむましんはレトロホビー、つまり「懐かしいグッズ」などの買取が強いマニアックなショップです。

TRPGには最近発売した真新しいものだけでなく骨董品やアンティークのような古いことに価値があるコレクター向けの旧作もあります。これらもレトロホビーの一種と言えるのではないでしょうか。

たいむましんの特徴

・古いアイテムの買取が強い。

1970年代ごろから始まり50年近く続くTRPGの歴史。

たいむましんでは、レトロホビーとしてダンジョンズ&ドラゴンズなど古典TRPGの買取実績があリます

古典TRPGや同時期のゲームブックなどのレトロホビーがあるなら、たいむましんを利用するのがいいかもしれません。

・自宅まで買取に来てくれる出張買取サービス。

何と言ってもたいむましん最大の強みは自宅まで取りに来てくれる出張買取サービス。

運び出しなどをショップ側にお願いできるので売る側の負担が少ないのが嬉しいですね。

・関東エリアでないと出張買取が使えない。

自宅まで取りに来てくれる出張買取サービスは便利そうですが、関東圏の外では来てもらえない場合もあるようです。

・事前査定で2万円以上の買取額が必要。

自宅まで買取に来てくれるサービスは便利そうですが、事前に売りたい品を伝えて査定してもらい、原則2万円以上の買取見込みがないと出張してもらえないようです。

自分の売りたいコレクションの買取額が2万円に届きそうにない場合、出張買取でなく宅配買取になります。

>>>たいむましんでのボードゲーム・TRPG・ゲームブック買取はこちら

TRPG書籍を中古で高く売るコツ

TRPGルールブックは本を参照しながら遊ぶゲームであるため、意識せずに使っていると査定価格の減少に繋がる取り扱いをしてしまうことが多くあります。

例えば本のページの端を折ってマークすると古本査定では「カド折れ」の本として査定額が下がってしまう可能性があります。

参照するページは付箋でマークをすることで本の状態を悪くすることなく、ページを開きやすくできます。(売る前に付箋を取り外しておくのもお忘れなく。)

エラッタも直接ルールブックに書き込んでしまうと「書き込み有り」の本として減額対象になりやすいため、エラッタを記載した付箋を貼る方がベターです。

また付属のシートなどを本から切り離して使うTRPGもありますが、買取査定ではシートの付属していない本は査定額が大幅に減額される傾向があります。

最近では公式のサポートページなどでシートの印刷用データを配信しているTRPGも多いので、シート類はネットでダウンロードしたものを使い、本からシートを取り外さずに売りに出すことで減額要素を減らすことができます。

サービス比較表

各社の買取傾向だけでなく、手数料や送料負担などを比較した表です。

サービスを選ぶ際の参考にしてみてください。

サービス名 送料 キャンセル返送料 振込手数料 買取可能なアイテム 段ボール 到着後査定日数
Vaboo 1箱500円 無料 無料 書籍・CD・DVD・ゲーム 自分で準備 2〜4日
イエローサブマリン 送料無料 利用者負担 無料 アナログゲーム 自分で準備 7日以内
駿河屋(あんしん) 見積3000円以上で送料無料 利用者負担 880円 書籍・CD・DVD・ゲーム・カード・フィギュアなど 自分で準備 4〜14日
たいむましん 送料無料 利用者負担 無料 レトロホビー中心 買取見積額3000円以上でもらえる 2〜3営業日

TRPGルールブックを売るなら?

TRPGルールブックを売ることができるサービスをいくつか紹介しました。

サービスごとに特色が強く、特に「他に取り扱うことのできる買取品目」に違いがあると感じました。

商業TRPGルールブックの他にも売りたいアイテムがある場合、

  • リプレイやTRPG専門誌、その他書籍や電子ゲームなら「Vaboo」
  • 非電源ゲーム・インディーズTRPGなら「イエローサブマリン」
  • レトロホビーなら「たいむましん」

この3つの手軽なサービスを使い分けるか、手間を惜しまないなら総合ジャンルで査定可能な商品の多い「駿河屋」のあんしん買取

売りたいアイテムやかけられる時間に合ったサービスを選んでみてください。

この記事がTRPGを手放そうと思ったあなたの参考になれば幸いです。

もし、クトゥルフ神話TRPGや参考書、CD・DVD・ゲームソフトなどをお売りいただけるようでしたら、ぜひ弊社Vabooをご利用ください。

***

おまけですが、VabooブログではTRPGルールブックの他にもさまざまなジャンルの買取サービスを比較しています。

引っ越しや大掃除、家の片付け・断捨離のときの参考になればうれしいです。

それでは、また!

\この記事をシェアする!/