本・漫画をきれいに保管できる!人気サービス「minikura Library(ミニクラライブラリー)」を使ってみました | 古本買取のVaboo!
2020/11/10
本・漫画をきれいに保管できる!人気サービス「minikura Library(ミニクラライブラリー)」を使ってみました

本を状態良く管理することができる、本の保管を代行してくれる便利なサービス「minikura Library(ミニクラライブラリー)」を実際に使ってみました。この記事ではこのサービスのポイントと、使ってみた率直な感想、使い方や手順についてご紹介していきます。

こんにちは。ライターのふじたです。

みなさんは、本・漫画の管理サービスをご存知でしょうか?通称宅配トランクルームサービスと言われており、1箱単位で自宅で収納しきれないものを預けることができるサービスです。本でも衣類でも、指定の箱に納めるだけで管理を代行してくれるのです。

「本・漫画を箱に入れたまま読んでいない」
「保管場所がない」

だけど、「古本漫画買取サービスに出したり売ってしまうのも、まだ速い気がする…」と感じている方にピッタリのサービスかもしれません。

もし「売るのもアリだな…」と思った方は本の宅配買取サービスを利用するという手もありますので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

<参考>売るならどこ?おすすめの古本宅配買取サービス10選【20社使って徹底比較】

代表的な本・漫画の管理サービスとその料金比較

まずは、人気のある管理サービスを3つご紹介します。

どのサービスも専用ボックスを取り寄せるだけで、手軽に管理サービスを利用できます。保管や取り出し料金に大差ないようですが、書籍に特化しており「ヤフオク!」と連携しているのはminikura Libraryのみ。

買取に出すか検討中の本がある場合は、リユースを踏まえたminikura Libraryのサービスは魅力かもしれません。

minikura Library サマリーポケット Book Ocean
月額利用料 450円 400円 400円
ボックス代 無料 無料 無料
取り出し送料 1冊324円+1冊あたり32円
BOXごとは850円
250g以内350円
1kg以内540円
1kg以内800円
1冊250円
BOXごとは800円

minikura Library(ミニクラライブラリー)を使ってみました

今回は、minikura Libraryの書籍専用保管サービスを使ってみたいと思います。実際の利用手順などを以下にご紹介します。

手順1:専用ボックスを取り寄せる

minikura library_ミニクラライブラリー_箱1

まずはminikura公式サイトから専用ボックスを取り寄せることからスタート。

公式サイトで会員登録しボックスを請求すると、翌日には手元に専用ボックスが到着。

組み立てると、高さ29×横幅42×奥行33cmの箱が完成しました。

minikura library_ミニクラライブラリー_箱2

minikura Libraryのボックスは、最大20kgまで送付可能です。

手順2:本・漫画を詰めて発送

今回は「ほとんど読んでいない本」「いずれ売るかもしれない」といった本を中心に詰めました。

minikura library_ミニクラライブラリー_梱包

本に圧力がかかりすぎないよう、ソフトカバーの単行本は平積みしていきます。

今回の書籍専用ボックスには、単行本が20冊、B5判とA4判の本が14冊入りました。重さは約15kg。

minikura library_ミニクラライブラリー_本

梱包が完了したら、 minikura公式サイトで集荷依頼をします。会員ページより「ボックス預け入れ」を選択し、ボックス名や集荷情報などを入力します。

minikura library_ミニクラライブラリー_預け入れ画面

すでに印字された送付状があるので、依頼主の部分だけ記載して箱に貼付したら集荷を待つだけ。運送業者さんが自宅まで取りに来てくれるので、重い書籍の発送がとってもスムーズ!

minikura library_ミニクラライブラリー_発送

手順3:minikuraの管理画面で荷物をチェック

発送した本がminikuraに届くと、マイページ上に情報が反映されます。

そして、ここからが管理サービスのすごいところ!

預けた本の全てが1点ずつ撮影され、ステータス管理されているのです!

とても美しい写真なので、まるで通販サイトを見ているような感覚になります。

もう読まないと思っていたのに、なんだかポチッと押してしまいそう。

手順4:本・漫画に最適な環境で保管

本の管理に特化したminikura Libraryでは温度&湿度を24時間体制で管理。

minikura library_ミニクラライブラリー_湿度計

本・漫画に適した環境で保管してくれるので、カビが発生するなんてこともありません。

また高レベルのセキュリティシステムを採用しているので、大切な本を安心して預けることができます。

本・漫画にとっては我が家よりはるかに高環境な管理サービス。リユースを踏まえると管理サービスを利用した方が、状態良く保管できるのではと感じました。

手順5-1:預けた本・漫画は1冊から取り出し可能

預けた本が必要になったら、マイページからアイテムの取り出し依頼をします。

1冊から取り出し可能で、急に必要になったときも最短で翌日には到着します。

アイテムごとの取り出しは、保管期間に関わらず324円+1点あたり32円 (税抜)。

単品ならメール便で、希望の住所に届けてくれます。

箱ごとの取り出しは、保管期間が1年未満の場合は送料が1,000円(税抜)。

※入庫より2ヶ月に満たないボックスは、通常の取り出し料に加え「早期取り出し料金」が発生します。

手順5-2:売りたいと思ったらオークションへ

リユースを踏まえたときに便利なのが、minikura Libraryのヤフオク!連携サービス。

minikura library_ミニクラライブラリー_アイテム

ヤフープレミアム会員に登録済みなら、出品手数料無料でオークションに出品できます。

minikura Libraryの場合、落札後の配送も代行してくれるので、自分の住所を知られずに商品を送ることができます。リユースを踏まえて保管サービスを利用すれば、思考と空間の整理が同時にできそうですね。

買取に出そうか迷っている本は保管するという手もある

minikura Library(ミニクラライブラリー)を使ってみて「本・漫画を箱に入れたまま読んでいない」「保管場所がない」と感じている方にピッタリのサービスかもしれない、と思いました。

買取検討中の本・漫画があるなら一度預けてみてはいかがでしょうか。

>>minikura Libraryの公式サイトはこちら

「保管サービスは使わずに、自宅でキレイにスッキリ保管したい!」という方には以下の記事をおすすめします。

本の保管

<参考>本をきれいに保管する方法【おすすめの保管サービスもご紹介】

また、いずれは本や漫画を売りたいと考えているなら、古本漫画買取サービスのVabooと、姉妹サイトのバリューブックスもぜひ参考にしてみてくださいね。

>>Vabooの古本漫画買取はこちら

>>バリューブックスの古本漫画買取はこちら