2020/10/10
ネットで古本を売りたい人へ!買取のプロが高く売る方法まとめました【メルカリ・アマゾン比較あり】

「手間をかけてでも、できるだけ本を高く売りたい」というあなたのために、本屋としての知識や経験を活かして、本を高く売るための方法をまとめました。メルカリ・アマゾン・古本買取サービスの価格差を比較調査した結果も公開します。

こんにちは。ライターの大野です。

最近ふと、本を売りたい人はみんな、Vabooを使ってほしいと思うのが当たり前になっていたことに気がつきました。

Vabooなら、ダンボールに本を詰めてネットで申込みをすれば宅配業者が引き取りに来てくれるので、手間も時間もほとんどかかりません。

古本宅配買取

古本・漫画コミック・ゲーム売るなら買取送料無料のVaboo!

一度に大量の本をラクに売れるのが、本宅配買取サービスの良いところ。

でも、1冊1冊、手間と時間をかけられるのなら、正直言ってメルカリやアマゾンの方が高く売れます

というわけで今回は、「手間をかけてでも、できるだけ本を高く売りたい」というあなたのために、本屋としての知識や経験を活かして、本を高く売るための方法をまとめました。

【結論】ネットで本を一番高く売る方法

イチ個人が持っている本を売る方法としては、

  • メルカリ、アマゾンなどの販売サイトに個人出品する
  • 本宅配買取サービスを利用する
  • 古書店に持ち込み買取してもらう
  • 古書市や一箱古本市などのフリーマーケットで売る

などが考えられます。

でも「ネットで本を高く売る」ということだけを考えるならば、結論は、

メルカリ・アマゾンで売る

がベストです。

以下に、調査結果を書いていきますね。

メルカリ vs アマゾン!どちらの方が本が高く売れるのか?

2020年9月時点で発売1ヶ月の新刊『書くのがしんどい』をメルカリとアマゾンに出品しました。

まずはそれぞれのサイトでの最安値を基準に販売価格を設定し、2,3日経過して反応がなかったら徐々に価格を下げていくというルールでスタート。

結果、メルカリとアマゾンどちらも1490円で売れました。

本を高く売る_メルカリ

アマゾンもメルカリも売上げは同じでしたが、利益額が大きかったのはメルカリ。

内訳は以下の通りです。

売上 販売手数料 配送料 利益
メルカリ 1,490 149 175 1,166
アマゾン 1,490 404 198 888

本買取サービスで売るといくらになる?

『書くのがしんどい』をVabooで売るといくらになるか見てみましょう。

古本宅配買取のVaboo(バブー)     査定価格495円

Vabooでは発売3ヶ月以内の商品なら定価の30%以上で買取する「買取価格保証」を実施しています。

書くのがしんどいは定価1650円で、2020年9月時点では発売から3ヶ月以内で買取価格保証の対象商品だったので、本の状態が良ければ495円以上での買取となります。

Vabooは5点以上の買取申込みから送料・振込手数料が無料なので、買取査定額がそのまま利益額になります。

メルカリ・アマゾン・本買取Vaboo比較表

利益
メルカリ 1,166
アマゾン 888
古本買取のVaboo 495

メルカリ・アマゾンで本を売るときのデメリット

本を高く売るなら、個人で出品した方が良さそうなのは分かりました。

でも、ご想像の通り、メルカリ・アマゾンで売るのは手間がかかります。

出品する作業や注文が入ったときのお客さんとのコミュニケーション、売れたときの梱包・発送作業、1冊1冊対応しなければなりません。

売れるまでの工夫も重要で、どうしたら自分の商品に興味を持ってもらえるか、どうしたらお客さんに見つけてもらえるかなど、考えることは盛りだくさん。

そして、手を尽くしても、売れるとは限りません。

個人として出品する場合は、やることや考えることがたくさんあります。

たとえば一度に20冊の本を売りたいと思ったときのことを想像すると、その労力はかなりのもの。

メルカリ・アマゾンで売るのがいいか?本の宅配買取サービスを使うのがいいか?あなたが持っている本の種類や性格によっては、ベストな選択は変わります。

アマゾンと本買取サービスの価格差を比較

ISBNのない本、出版年、新刊などなど、あなたが持っている本によって「メルカリ・アマゾンで売る」のと「本買取サービスで売る」の価格差はまちまちです。

(ISBNとは世界共通で書籍を特定するための番号で、バーコードがついているものはたいてい「ISBNありの本」です)

そこで、日本でトップクラスの売上と商品点数を誇るECサイト「アマゾン」で売る場合と、本買取サービスで売る場合で、どれくらい差があるのか比較してみました。

※1
ECサイトで本を売る場合、もっとも売れやすいのは上の方に表示されている商品です。表示順位を高めるためには、販売価格をその商品の最安値に設定するのが最も効果的。売れやすさを考慮してその時点の最安値を販売価格の基準としました。

※2
実際に売れた場合は、発送にかかった費用とアマゾンから販売手数料が引かれるので、売上=利益とはならないことをご承知おきください。

※3
本買取サービスを利用した場合の査定額は、バリューブックスの「おためし査定機能」を使って出しました。本によっては、ジャンルごとに専門的に取り扱っている本買取サービスの方が高く買取ってくれる場合もありますのでご了承ください。

※4
2020年8月28日時点の調査結果です。

ISBNのない本

無双直伝英信流居合道教範』(1981年出版)

ISBNのない本を高く売る

Vaboo(バブー)     査定価格0円(ISBNなしは買取不可)

amazon(アマゾン) 最安値18,240円(配送料込)

1980年以前の本にはISBNがついていません。

そして、ISBNのない本は、Vabooやバリューブックスを含めた大手本買取サービスでは、基本的には買取をしていないんです。

ですが、アマゾンに出品すれば高く売れる可能性があります。

ちなみにこの本、わたしの父の本棚から出てきたので、家族の了承を得てアマゾンに出品したところ…

なんと14,000円で売ることができました。びっくり。

【ISBNのない本を売るときのポイント】

  • 大手本買取サービスでは基本的には買取りしていないことを知っておく
  • amazonではカタログさえあれば販売可能。amazon最安値にすれば売れる可能性が上がる

1年以上前に出版されたISBNありの本

強く生きる言葉』(2003年出版)

Vaboo(バブー)     査定価格64円

amazon(アマゾン) 最安値639円(配送料込)

Vaboo(バブー)の査定価格は、「市場価格」と「人気」で決まります。

『強く生きる言葉』は人気があってすぐに売れやすい本なのですが、市場価格が少し低めのため、Vabooでの査定価格は64円となります。

アマゾンに出品した場合の最安値は送料込みで639円。

人気があって売れやすいけど希少価値はそこまで高くない、というポジションの本です。

また、「人気はないけれど市場価格が高い」というような本もあります。

売れるまで時間はかかりますが、それでも高く売りたい場合は、確実にアマゾン・メルカリで販売した方が良いでしょう。

【1年以上前に出版されたISBNありの本を売るときのポイント】

  • 市場価値が高くて人気が低い本は、気長に待てるならアマゾン、メルカリで売る
  • 人気が高いけど市場価値が低い本を、できるだけ高く売るならアマゾン、メルカリ
  • 一度に大量の本を売るなら、手間と時間を考えたら古本買取サービスも検討の余地あり

新刊

『書くのがしんどい』(2020年7月出版)

Vaboo(バブー)     査定価格495円以上(調査時点では買取価格保証商品)

amazon(アマゾン) 1490円

【新刊を売るときのポイント】

  • 高く売るなら、迷わずメルカリ・アマゾンに出品

やはり、高く売ることだけを考えれば、メルカリやアマゾンに出品して売るのが一番ですね。

でも、なるべく手間をかけずに、だけどできるだけ本を高く売りたい!という方もいるハズ。

そんなあなたの声にお応えします。

なるべく手間をかけずに本を高く売る方法

ここからはネット以外で売る方法も含めて、それぞれの条件別にできるだけ本を高く売る方法についてお伝えしていきます。

ISBNのない本を高く売るときのコツ

メルカリ・アマゾンへの出品以外で、なるべく手間をかけずに高く売りたいのであれば、本を専門分野別に仕分けして、たとえば東京なら神保町などにあるその本を専門としている古書店に持っていくのがいいと思います。

また、古書店ではなくても、分野別に専門的に本を扱っている古本屋さんもあります。

たとえば東京世田谷区に店舗を構える「ノストスブックス」さんは、デザイン書を専門的に取り扱っており、その分野における本の価値を高い精度で見極めて買取をしてくれます。(こちらは宅配買取も受け付けているようです)

分野別に専門的に本を扱っている古本屋さんであれば、ISBNがない本でも高く売れる可能性があるので、まずは一度問い合わせてみるのがいいでしょう。

ISBNのある本を高く売るときのコツ

Vabooの姉妹サイト『バリューブックス』の本棚スキャン・バーコードスキャン・入力検索を使うと、だいたいの査定価格を把握することができます。

<参考>バリューブックスの「おためし査定」

そんなに手間をかけずに、でもできるだけ高く本を売りたいのであれば、本棚スキャンを使って事前に査定をしてみて、高く売れそうなものだけを一番信頼できる本の買取サービスに送るのが良いでしょう。

本棚スキャンを使って値段がつかなかった本は、残念ながらインターネット上での価値が低い(たとえば大量に出版されているなどの理由があげられます)ため、本買取サービスに送っても値段がつかない可能性が高いです。

そういった本は、先ほどご紹介したように分野別に仕分けをして、その分野専門の古本屋さんに査定をお願いするか、持ち込みにはなってしまいますが「本の状態」を査定基準としている店頭買取のサービスを利用すれば値段がつくかもしれません。

ISBNのある本は、

  1. ①本棚スキャンで事前査定
  2. ②値段がついたものは本宅配買取サービスへ
  3. ③値段がつかないものは専門店か店頭買取サービスを利用

という順序を踏めば、できるだけ手間をかけずに、できるだけ高く売ることができます。

まとめ:本を高く売る体験をしよう

  • 本を大量に売ることを検討している
  • 手間は一切かけたくない

なら、Vabooを思い出してもらえるとうれしいです。

Vabooへのお申込みは、24時間いつでもスタンバイオッケー。

売りたい本をダンボールに詰めて、インターネットを使って申込めば、クロネコヤマトさんが集荷に来てくれるので楽チンです。

>>Vabooの古本買取はこちら

手間と時間をかけてでも1冊1冊を高く売りたいのなら、メルカリ・アマゾンに出品しましょう。

出品する作業や注文が入ったときのお客さんとのコミュニケーション、売れたときの梱包・発送作業など、手間ひまはかかりますが、でも納得できる価格で本を売ることができます。

自分自身で価格を設定したり、お客さんが必要としている情報を乗せたりと、努力のすえに自分の本が売れていくのはとてもエキサイティングです。

本を高く売る体験、ぜひしてみてください。

それでは、また!